毛穴開く理由

毛穴が開くわけ

 

毛穴が開く一番大きな原因はなんでしょう。

 

それは、まず皮脂腺から出る皮脂とメイクなどの汚れが一緒に詰まって角栓になり、毛穴の中で酸化してしまいます。

 

そうなると表皮の新陳代謝が正常に働かなくなり、健康な角層の成長も乱れ、新しい細胞が生まれなくなるからです。

 

 

また老化によって体全体の抗酸化力が低下することも原因と考えられます。

 

酸化の原因の正しく理解し、ケアをすることで完全に元には戻らないが、かなり回復して目立たなくなるくらいには改善できます。

 

また、生活習慣によって毛穴が目立つこともあります。

 

不規則な生活、喫煙、極端なダイエットなどでホルモンのバランスが崩れて毛穴の開きにつながることがあります。

 

毛穴の代償は、遺伝で生まれた時からある程度決まってしまっています。

 

男性ホルモンが多ければ皮脂腺は大きく発達しますので、皮脂の分泌が盛んだと毛穴が目立つようになり、分泌が少なければ毛穴は大きくならないのであまり目立たないくらいになるとも言われています。

 

食生活で毛穴が開く理由

鼻の毛穴が開く原因は2つあり、食生活と生活習慣です。

 

まずは食生活で毛穴が開いてしまうという話をしましょう。

 

生活習慣の原因については、次回お話ししますね。

 

それでは、本題に入ります。

 

食生活で鼻の毛穴が開く理由は次のようなものです。

 

そもそも鼻は顔の中でも特に毛穴が多い部分です。

 

毛穴が多いということは、毛穴の中にある皮脂腺の数もおのずと多くなり、もちろん皮脂分泌量もその分多くなります。

 

皮脂は、肌を乾燥から守る役割がありますが、それは分泌量が適切な時に言えることで、過剰に分泌する場合は、毛穴は開いてしまいます。

 

そして皮脂の量が食事の影響を大きく受けるのです。

 

よく脂っこいものや甘いものを食べるとニキビができますよね。

 

これは脂っこいものや甘いものを食べ過ぎると、体の血液中の脂肪や糖分の量が増えて、皮脂を刺激してしまい、皮脂分泌が増えるのです。

 

昔の日本食は、魚、マメ、野菜が中心の食事で低カロリーなものでした。

 

現代の食事は、肉をよく食べ、油をよく使い、手軽にすぐに手に入るおやつも脂質や糖分が多いものがほとんどです。

 

そんな高カロリーな食事は、とてもおいしいため、その食事をすることも増えています。

 

それだけ、私たちの体の皮脂分泌量は過剰になってきているのは当然ですね。

 

ですが、毛穴の開きを何とかしようと思ったら、脂質や糖質の少ない食事に戻して皮脂分泌を抑えないといけないのです。

生活習慣で毛穴が開く理由

前は、食生活で毛穴が開く理由を説明しましたが、今回は生活習慣で毛穴が開いてしまう理由を説明します。

 

生活習慣といっても、色々な習慣があります。

 

睡眠、運動、スキンケア、食生活だって生活習慣の一つです。

 

それらすべてが毛穴の開きと関係があるのです。

 

具体的な例を挙げると、まず睡眠です。

 

睡眠のリズムが崩れるとホルモンのバランスが崩れ始め、皮脂分泌が過剰になります。

 

徹夜明けなどの時にお肌が脂っぽくなっているのを感じたことありませんか?

 

これはホルモンのバランスが崩れて皮脂分泌量が増えたのです。

 

それに睡眠不足になると、体に対してストレスがかかります。

 

こういうストレスでも、体が外に出している分泌物は増える傾向にあります。

 

もちろん分泌物には皮脂も含まれますから、睡眠不足によって皮脂分泌が増え、鼻の毛穴が開くことになる。

 

もう一つ、普段のスキンケアで鼻の毛穴を開かせてしまうこともあります。

 

みなさんケアはとても気を遣っているのに、鼻の毛穴に対しては結構刺激の強いスキンケアアイテムがたくさんあります。

 

パックやピーリング洗顔石鹸などの刺激の強いアイテムを使いすぎると、肌はその刺激により刺激を受けた肌を乾燥させます。

 

そして乾燥した肌をなんとかしようと皮脂分泌が過剰になります。

 

これらの生活習慣で鼻の毛穴が開いてしまうのですが、これを改善するには、皮脂分泌が過剰にならないように体やお肌に優しくいたわりながら生活しなければなりません。

 

皮脂分泌を過剰にしない生活とはどんなものか、それは最後にお話をすることにしましょう。

健康関連リンク

サンコバ目薬の効果は?白内障に効くのか。サンコバ目薬は眼精疲労に使われますが目のピントを合わせる筋肉を調整する役割もあります。